最速最短で稼げるフリーランスになる唯一の戦略







どうも、くじらです。

2回目となるフリーランス養成講座を受講中です。

2つのフリーランス養成講座を受けたのは、

日本では自分ただ一人だけですね。

 

だからこそ言えることを今回は言わせてください。

 

フリーランスへの最短ルートは「実践し改善していくこと」

 

主催の違う2つのフリーランス養成講座を受講してみてわかったことが1つあります。

言わせてください。

それは、、、

 

くじら

どっちも言ってること同じやん!!!

 

あ、別に怒ってないです。

 

寧ろ、逆にいえば、

フリーランスになるための本質的な部分は同じ

ということがわかりました。

 

はい。

 

で、

 

講師陣が何を言っていたかというと、

 

とにかく実践して改善していく。それの繰り返し。

 

ということです。

 

(フリーランス養成講座の講師をしてくださる方々は、年収がうまい棒100万本をはるかに上回る人たち、、、成功者が口を揃えて言うのだから、まぁまず間違いない)

フリーランス養成講座は実践の場

フリーランス養成講座は、

「講座」とあるだけに講座の時間はあるのですが、

 

「受講して学ぶ」というより、

「実践して学ぶ」場だと感じました。

 

なぜなら、講師たちが口を揃えて言うのは「とにかくやってみな」ということ。

一日のスケジュールも午前中は講義のみで、午後は実践という形で実質フリータイムになっています。

PDCAをどんどん回していくことが、

素人がフリーランスになるための最短ルートです。

 

例えば、日本人が英語を話せないのが良い例ですね。

「英語」は、教科書では勉強はするけど、実践する機会がほとんどない。

故にネイティブの前でまともに英語を話せる人がほとんどいない。

逆に、勉強せずとも実践の機会が豊富にあった帰国子女などは英語が身に付いている。

 

間違いなど恐れずドンドン実践していきましょう。

間違いは実践していく過程で修正していけばいいんです。

 

サッカーがまだ下手だから、うまくなるまで試合には出ない!

なんて言う人がいますか?

そんな人になってませんか?

 

 

「上には上がいる。」当り前じゃん、だから?

ごもっともです。

上には上がいます。

上ですらない自分に上がいるなんて更に当たり前です。

 

「もっとうまい人がいる」

「もっと詳しい人がいる」

 

うん、だから何!?

そんなの当たり前だよ!!

 

自分よりうまかろうが、自分より詳しかろうが、

やったもん勝ちだと、言ったもんがちだと、

自分はそう思っています。

 

とにかく自分から行動し発信してみることが一番。

 

上を気にして何かをためらう必要は全くないですね。

 

同じ物差しで比べれば、自分よりレベルが高い人なんて五万といるので、

他人は気にせずさっさとやっちゃいましょう!

最後に

ただし、やったら反省だけは必ずしてください

とにかくやって、振り返る。

そこで必ず改善点を見つけ、次に生かす。

 

これさえできていれば、稼げるフリーランスに最速最短でなることができます。

 

フリーランス以外にも、何か物事を身に付ける際には同じ方法が最短ルートですね。

 

とにかく実行して、(反省し、)改めていく。

この繰り返し。

 

最後にこの言葉を贈って終わります。

https://twitter.com/Tabibito_Kujira/status/899450897071095809

それじゃ、またね!

 

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。