旅行におすすめの水筒はこれ!【超軽量&超コンパクトPlatypus(プラティパス)】







どうも、旅人くじらことシラオです。(@shiraoryo

旅行へ出かける時、できるだけ重い荷物やかさばる物は減らしたいですよね。

因みにみなさん、旅行に『水筒』は持って行きますか?

 

一昔前の自分は持って行かない人でした。

ちょっと重いし、かさばるし、なんなら旅行先でペットボトルを買っていたので不要でした。

 

けれども、毎回ペットボトルを買っていて気づいたんですよ、

”出費が意外とバカにならない…”

(仮に毎日1本160円買うと、月におよそ5,000円の出費です)

 

これに気づいて以来、めっきり水筒は持って行くようになりました。

でも重くてかさばる物は嫌だから、軽くて小さく収まる水筒を買ったんですよ。

 

アウトドア給水用ボトルPlatypus

それがこちら。とても優秀な水筒です。

 

 

これは水を入れられるソフトボトル

ソフトボトルと言うだけに、

なんと手のひらサイズに収まってくれる折畳める水筒なんです!

利用シーン

国内旅行に

なんと重量たった18グラム(0.5Lサイズ用)の超軽量!いや、ウルトラ軽量!笑

荷物が重くならず、折畳み可能でコンパクトにまとまるのでリュック内で嵩張らず余分なスペースを取ることもありません。

水筒だから飲み終わった後のゴミもなくなり環境にも優しい。

海外旅行に

もちろん海外へ行く時にも同様に使えます!

海外では水道水を直接飲むことができないので利用シーンがあまりないかと思いきや、

自分は海外でも便利に活用しているのでそれは後述。

普段使いにも

日本国内なら、水道水が飲めますよね?!(そんな国ってほんと日本くらい。。)

そのまま蛇口をひねってPlatypusに入れましょう!

水道水を直接飲むのに抵抗がある人は、浄水器を取り付けてもいいですし、ウォーターサーバーをレンタルするのも有りだと思います。

これだけでいつもコンビニや自販機で買っていた天然水代が節約できちゃいます。

1カ月間使えば一体いくら節約になるでしょうか、、、

計算すると、それだけでPlatypusの元は取れそうですね(*ノωノ)

プラティパスのメリット・デメリット

メリット

  • 超軽量
  • 超コンパクト
  • 旅行だけではなく日常でも使える
  • デザインがとにかくお洒落
  • 洗うのが楽
  • 臭いが全くない(水の味が変わらない)
  • コスパが良い

正直まだまだメリットは出てくる、、、

デメリット

  • お湯は入れられない
  • 水以外の飲み物が入れられない
  • 保温できない

ただ、最近は「冷たい飲み物は美容と健康の大敵」とも言うので、常温の水でちょうどいいかなと。

実際に使ってみた体験談

購入してから1年ほどになりますが、プラティパスを持っていると友人から「それ何?」と聞かれることがよくありますね。

一見すると水筒とは思わないような外見ですが、デザインはクールでかっこいい感じです。

このデザイン性の良さも自分が買うときの大きな決め手の一つでした笑

そして値段も容量によって異なりますが、

それでも1000円〜1500円と意外とお手頃価格!!笑

自分は海外へ行く際も重宝しています。

海外の水道水は飲めないため、ミネラルウォーターをまとめて1.5Lサイズ以上の大きなペットボトルで買うことが多いんですけど、それをホテルに置いておいて必要分だけPlatypusに入れるということをしています。ペットボトルと違いPlatypusの形状は水を入れても満杯出ない限りフレキシブルに変形するので、リュックの複雑な隙間に入れることができます。飲み切ってしまえば、畳めるので観光した日は帰りのお土産をリュックにいれることができますね。

もちろんYouTubeでも紹介しました

最後に

最近500mlサイズのプラティパスも購入しました。冬に使うときはこのサイズがちょうど良いですね。

それじゃ、またね!

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。