国境を越えろ!遅れるのは当たり前 34時間+αのバス旅~前編~ 







どうも、旅人くじらです。

ウガンダへの寄り道を終えてケニアに再び戻ってきました。

今回はここナイロビで1泊せずにタンザニアの首都ダルエスサラームへ直行します。

15時間+19時間+α時間のバス旅

まず状況を説明すると、今ウガンダからのバス旅を終えてケニアの首都ナイロビにいます。

昨日の夜19時に出発し、今日の昼10時ころ着きました。15時間のバス旅。

ウガンダからこのバスに揺られること15時間

これから夜21時のバスでタンザニアに向け出発します。

 

予定では目的地のダルエスサラームに翌日16時着だと言われました。

 

ま、鼻からその言葉は信じませんが、、、。

 

もちろん出発から遅れます。

さて、出発です。

 

国際バス発着場はアフリカで2番目に危険な都市ナイロビの中でも、

最も危険だと言われるダウンタウンの中にあります。

滞在したダウンタウン内のホテルより撮影

今ダウンタウン内のホテルにおり、発着場まではおよそ200メートルの距離。

 

現在19時。日が落ちてしまいました。

この場合、たとえ、たった数百メートルでもタクシーを使うのが賢明な考えですが、

ここダウンタウンは渋滞茶飯事、停車中に襲われるのはゴメンです。

 

歩いて行きます。

 

スタスタスタ

 

 

スタスタスタスタスタスタ

 

 

スタスタスタスタスタスタスタスタスタ

 

 

怪しまれないように、迅速に、かつ冷静に、、、

 

 

、、、、、、、

 

 

着きました。(*´▽`*)

 

バス待合室では、見ず知らず者同士がスワヒリ語で、テレビの政治ニュースを前に議論バチバチに交わしております。

とても賑やか。

 

夜20時。

バスが来ました。

やっぱりでかい、、、

 

今回乗るのはスパイダーコーチという会社のバス。

蜘蛛、、、なんだか不気味ですね。

 

バスは荷物の積み荷作業でしばらく出発しません。

 

今回は大量の荷物がバス前に並べられました。

案の定、トランクには入りきらず、客室の後ろ半分が占領されることに、、、

あ、J4のシートで予約した私の席が、、、

 

何を積んでいるのか気になり聞いてみると、医療関係の物を運んでいるようです。

確かに、段ボール箱の外面には注射のイラストが。

合法だといいんですが、、、

 

さて、長い長い積み荷作業が終わり、ようやくバスが動き始めました。

 

現在時刻21時45分。

 

予定より45分遅れての出発です。まぁ、想定内です。

 

国境で立ち往生?

ケニアータンザニアの国境に着きました。

現在時刻24時10分。

 

闇両替商を使って余ったケニアシリングをタンザニアシリングへ交換します。

 

計算してみると、「闇」と言われる割には良心的な交換レート。

優しい闇でした。

 

今回のアフリカ旅で驚いたことの一つは、陸路での入出国手続きが超簡単だということ。

 

出入国カードを記入し、ビザ代50ドルを払い、簡単な質問に答えるだけ。

 

あらまぁ、もうタンザニアです。

 

この手続きは運次第でもありますが、コツは

  1. カードを嘘でもとにかく埋めること
  2. 笑顔であいさつすること
  3. 滞在期間は予定よりも長めに答えること

特に2番目、意外と大事です。挙動不審に思われないように、好印象を審査官に持たせることが大事。審査官も、今のところ人間ですから。

 

国境を超えると、バスが動きません。

 

あれ、どうしたんだろう、、、

 

乗客もバスの回りでマットレス引いて寝だすし、人少ないなと思って聞いたら、他の人はホテルに行ったっていうし、、、

 

どうなってのーーーーー???

 

同乗していた出稼ぎのお父さんは苦笑いで言っていました。

「乗客は皆手続きを終えたし、バスも警察のチェックを終えて、全部準備万端なんだけど、バスは出発しないんだよね(苦笑)出発は5時ころだよ」

 

なんじゃそれーーー。え、あと4時間ここで過ごすの?

 

一つ言っていいですか。

 

 

寒い!!!!!!

 

 

こんなにアフリカが寒いとは思わなかった。長袖Tシャツ1枚、厚めの長袖パーカー1枚、これらを着ていても寒いって、、、。

 

仕方ないから、散歩したり、スワヒリ語を教えてもらったり、ちぢこまって寝たりして4時間過ごしました。

 

お父さんの言う通り、バスは朝5時に動き出します。

 

それじゃ、今回はここまで、次はタンザニアのバス旅です、またね!

国境は越えた!遅れるのは当たり前34時間+αのバス旅~後編~

2017.06.10
The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。