Aを選択するか、Bを選択するか、それとも、、、







人は1日に、何百、何千、何万という数の決断を行っている。

「今日の夕飯は何にしようかな」 から 「進学するか、就職するか」という人生の決断まで、

大小さまざまな決定を脳は行っている。

 

後者のような、A or B の選択に迫られたとき、

人は何を基準にそれを決めるのか。

 

わかりやすいのは、

『どちらの方がよりメリットや利益が大きいか』

ただ、人はそんな単純じゃないことはあなたも承知のはず。

また、そのメリットの大きさが測れず比べられないから決断に悩むという考えもあるだろう。

 

自分はというと、

選択する際には無意識のうちに「機会損失」を考慮してしまう。

 

機会損失は、Aを選択した際に後から「うわ~~~Bにしとけばよかった~~」

と後悔しているときの、後悔の大きさと言い換えられるだろう。

 

つまり、自分はこうだ

「Aにしたら、きっとあとでBにしとけばよかったって思うよな~」

「だからといって、Bにしてもなぁ、Aの方が後からよかったぁって思うかもしれないしなぁ~」

「ん~~」

「え~~~、どうしよっかなあぁ、、」

「、、、、」

「、、」

「。」

→結局、AもBも選択できず行動しない。

 

最悪だ。

 

本当に最悪だ。

 

Aを選択するか、Bを選択するか、それとも、、、

自分は「行動しない」を選ぶのだ。

 

 

ハッはっはっは

 

 

 

 

ハッハッハッハ

 

 

ああ、変わるぞ。即決即行動。

The following two tabs change content below.
白尾 諒 (ShiraoRyo)
1995年静岡県生まれ。アジア・アフリカ14カ国を旅したVlogクリエイター。東京外国語大学アフリカ地域研究専攻3年。些細なことをきっかけに1年半前にYouTubeを始め、それ以来映像づくりにハマる。現在はビデオブログ(Vlog)を投稿中。